アメリカ

アメリカは、古くより世界各国から多くの移民を受け入れているとともに、教育分野でも、英語教育プログラムの発展に貢献してきました。 アメリカは、50の州とワシントンDCから成り立っており、ロサンゼルス、サンフランシスコなどカリフォルニア州を中心とした西海岸と、ニューヨークやボストンを中心とした東海岸の語学学校が人気があります。

カナダ

カナダは、移民で成立した国のため、留学生の受入も積極的で、非常にフレンドリーな国柄を持っています。 また、治安の良さや暮らしやすさでも知られており、毎年多くの留学生が英語を学びにやってきます。 文化的な面では、隣接するアメリカにの影響を強く受けいる一方、カナダ独自の文化も大切にしています。

イギリス

イギリスは、英語発祥の地として知られ、毎年多くの留学生が勉強にやってきます。長い歴史と伝統で良く知られている一方、ファッションやモダンアートなど、現代文化のパイオニアとしても有名です。訪れる場所によって、様々な経験をすることができます。

アイルランド

アイルランドは世界最高水準の教育熱心な国として知られており、若年層の人口が増えているアイルランドは、しっかりとした教育に支えられ、躍進的な経済発展を遂げています。ほとんどの語学学校はダブリンを中心とした都市部にあります。

オーストラリア

日本の約20倍の国土を持つオーストラリアは、世界6大大陸の中のひとつです。豊富な自然に囲まれ、熱帯雨林から砂漠まで、場所によって様々な自然に恵まれています。 日本との時差も1時間のため、日本にいるご家族とも連絡が取りやすいのが特徴です。

ニュージーランド

ニュージーランドはオセアニア、赤道と南極点のほぼ真ん中に位置しています。北島と南島と周辺諸国に分かれています。活火山が温泉と一緒にダイナミックな光景を展開し、牧草地や森林地帯も広がり大自然の宝庫です。多民族国家ということで英語のアクセントも大変わかりやすく、英国の標準アクセントに非常に似ています。

マルタ共和国

1964年に英国から独立したマルタ共和国は、英語を公用語としているEU加盟国であるため、多くのヨーロッパ人がマルタに英語を学びに訪れています。留学生はとても国際色豊かで、比較的アジア人の割合は少な目だと言えます。交通整備・環境配慮に力が注がれていて、ヨーロッパのリゾート地としても有名です。

フランス

フランスは、世界でも随一の観光大国です。フランスの魅力といえば、芸術や伝統、歴史が挙げられます。ヨーロッパの中でも歴史の表舞台に何度も登場するほど世界に影響を及ぼしてきた国で、世界遺産にも数多く登録されています。食文化もユネスコ無形文化遺産として登録されており、街にはマルシェや伝統料理を提供するレストランのほか、気軽に入れるビストロなどが並びます。

ドイツ

欧米諸国の中でも経済力の高い国で、特に自動車輸出台数は世界第2位です。ドイツの特徴といえば、イギリスのロンドンや、フランスのパリなどのように、一極集中の都市を持たないところにあります。中世のころ、自由都市やいくつもの領邦国家の集まりだった歴史があり、その名残で現在も各地域それぞれで地方文化が根付いています。ドイツの商業・金融の中心地フランクフルト、東西断絶~再統一の歴史を物語る首都ベルリン、歩いているだけで絵本の世界に入り込んだような景色に出会えるロマンチック街道、ビアホールやサッカー観戦で盛り上がりを見せるミュンヘンなど、各地に観光地あり、様々な表情を見せてくれます。

スペイン

スペインは、ヨーロッパ南西部の先端にあるイベリア半島の大半を占めており、ヨーロッパ大陸の中でロシア、フランスに次いで3番目に大きな国土を持つ国です。スペインはアフリカ大陸とアメリカ大陸両方に近しいという地理的特徴から、歴史的にも文化・文明の極めて重要な役割を果たしてきました。年間5千万人を超える旅行者がスペインを訪れており、芸術、食文化、美しい景色など多様性に満ちた魅力を持つ国です。

イタリア

世界遺産登録数が世界1位を誇り、街を歩けば数多くの歴史的建造物や芸術作品に出会えます。ピサの斜塔が有名なドゥオモ広場、ローマ帝国時代の競技場コロッセオを含むローマ歴史地区、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」が描かれたサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院など、日本人にもお馴染みの有名な世界遺産が、イタリア各地に点在しています。また、イタリア料理の定番、パスタやピザも地域ごとに食べ方や種類も様々。地域によって様々な味を楽しむことができるのもイタリア生活の醍醐味です。

ご相談・資料請求

学校選びから手続き・資料請求など
お気軽にご相談ください

無料個別
カウンセリング
はこちら