オーストラリア

メニュー

オーストラリアとは

日本の約20倍の国土を持つオーストラリアは、世界6大大陸の中のひとつです。豊富な自然に囲まれ、熱帯雨林から砂漠まで、場所によって様々な自然に恵まれています。
日本との時差も1時間のため、日本にいるご家族とも連絡が取りやすいのが特徴です。

オーストラリアの情報

年間の平均気温:青字=平均最低気温 赤字=平均最高気温 

人気都市

シドニー

オーストラリア最大の都市で政治経済の中心です。1788年に移住者が定住したオーストラリアではもっとも古い都市。オペラハウスやシドニーハーバーなど美しい景観に恵まれた世界三大美港の一つです。街から15分離れると美しいビーチが広がる観光地としても人気が高いです。多くの大学、専門学校、語学学校が集中しています。気候も温暖で語学留学の留学生も集中しています。

メルボルン

オーストラリア第2の都市。この街は文化美術の中心地として栄えています。「ガーデンシティ」と呼ばれ、450以上の公園があります。又、グルメシティとしても知られています。ビクトリア調の建物が整然と並んだ様は、どこかヨーロッパの都市の趣があります。

パース

西オーストラリア州の首都。スワンリバーに面した高層ビル群と自然が調和した美しい都市です。サンセットコーストと呼ばれる一帯にはいくつもの美しいビーチがあり、サーフィンを好む若者に人気が高いです。

ブリスベン

クイーンズランド州、州都。近代的で親しみやすい明るい雰囲気の街です。大自然の中で動物とのふれあいがあり、動物園ではコアラも抱けます。近くには、高級リゾート地として有名なゴールドコーストがありサーフィンやダイビングには絶好のロケーションです。

ケアンズ

クイーンズランド州でブリスベンの北に位置するケアンズはグレー トバリアリーフが広がっています。熱帯雨林が広がり、壮大な自然の国立公園があります。短期のマリンアクティビティを組み合わせたコースが留学生に人気です。

アデレード

日本人留学生が少ないといわれる南オーストラリア州、州都。おいしいワインとグルメの文化が息づいています。穏やかな気候のためワインの産地として知られています。点在する教会と近代的なビルが並立して美しい街並みを作っています。歴史的に有名な植物園があります。

オーストラリアの語学学校情報

語学学校の種類

1.大学付属語学研修機関
2.TAFE、専門学校の語学学校
3.私立英語学校

留学生を対象とする英語研修コースはERICOS(エリコス)と呼ばれます。このコースを語学学校が提供する場合は、民間の認定団体であるNEASによって、クラス内容、講師の質、経営体質など厳しい審査を受けなければならないのです。次に連邦政府への登録も義務付けられており、このプロセスで登録された学校のみが学生ビザ申請に必要な入学許可証を発行できます。(CRICOS)

大学付属の英語学校や専門学校のプログラムは、大学内で開講され、進学目的の学生が主に学んでいます。そのためEAPと呼ばれる進学コース、IELTS試験対策コースなどが中心です。開講は、大学付属で5~10週間、専門学校は4~5週間で行われています。一般コースも行われていますが、進学コースは中級以上の英語力が要求されます。寮の空きがあれば入寮できるが、滞在はホームスティ中心です。

私立の英語学校は各州の主要都市に集中しています。コースの多様性に特色があり、一般英語のほかにアクティビティを加えたものや、セクレタリーやツーリズムなどの専門英語コースなどさまざまなニーズにこたえることができるよう工夫されています。1週間から受講可能。ワーキングホリディビザでの職業体験に最適な英語クラスも充実しています。滞在はホームスティ中心です。

オーストラリアへの留学生は増え続けているがそのうちのほとんどがアジア系の留学生となります。日本人留学生の語学学校での割合は高く、学校によって、50%を超える学校もあります。もっとも留学生が多いのは、シドニー近郊です。マリンスポーツが盛んな土地柄、各海岸線に沿って語学学校も点在します。

観光情報

ご相談・資料請求

学校選びから手続き・資料請求など
お気軽にご相談ください

無料個別
カウンセリング
はこちら