%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E5%A4%A7%E5%AD%A6-4オークランド大学

ニュージーランド 学校別体験談

◆ニュージーランド◆ University of Auckland

University of Auckland
京都大学・女性

学校情報はこちら

留学を決めた理由

将来に長期留学を考えているため、その練習も兼ねて、英語力の向上を図るため。

今回の留学の目的は何でしたか

リスニング力、スピーキング力を主に英語力を向上させ、海外での生活の様子を知り、慣れること。

上記の目的は達成されたと思いますか

はい

受講したクラスについて

授業は上のクラスに配属されました。午前中には授業はなく、午後からの授業でした。プログラムに参加していた学生は全員留学生で、日本人と中国人が多く、韓国人やタイ人の学生もいました。現地の授業は、日本にいたときの授業と比べて生徒全員に考えさせ、英語で話させる授業や、学生にプレゼンテーションをさせる授業が多かったです。トピックは、例えば、「自分のアイデンティティについて説明しなさい」「成功とは何か」「芸術とは何か」などといったものがありました。長期間留学しているほかの学生は自分の意見を表現する力を持っており、流石だなと感じました。また、ほかの国から来た留学生と一緒にご飯を食べに行ったり、アートギャラリーへ訪れたり、教室内にとどまらない活動も充実していました。

授業の主な内容

先生が与える課題に沿って進めていく感じでした。リスニングの音声を聞いたり、生徒同士で話す授業が多かったです。

どんな課題が出ましたか

基本的には課題は出ませんでしたが、授業で終わらなかった分のプレゼンの準備などが課題として出ることがありました。

授業の感想

授業はすべて英語で行われ、ほかの国からの留学生とはもちろん英語でしかコミュニケーションをとれないため、必然的に英語を話すことになるため、スピーキング力の向上につながりました。

クラスメイトの国籍

韓国、タイ、中国

参加したアクティビティの内容・感想(アクティビティに参加しなかった方も放課後や週末の過ごし方についてぜひ教えて下さい。

オークランド大学の先生が観光地を案内してくれるアクティビティに参加しました。自然が豊富で楽しかったです。

この学校を選んで良かったと思うところ

現地の先生はとても親しみやすく、生徒のことを気遣い、一人一人に積極的に話しかけてくださったため、純粋に会話を楽しむとともに、安心して留学生活を送ることができました。学生も優しい人が多く、学生同士で情報を共有することで充実した経験を得られました。

どんな方にこの学校をおすすめしますか?

自然の中で悠々と過ごしながら英語力を磨きたいと考える人。

留学先の街について簡単に教えてください。

都会で、多民族の人が住んでおり、いろいろな国のレストランがあり、いろいろな料理を楽しめました。

今回の語学研修全体を振り返って

与えられた問題に対して自分の意見をしっかり説明させられることが多く、自分の気持ちや意見を表現する力が養われました。学校で出会った韓国人の学生と仲良くなり、文化に興味を持ち、お互いの文化を尊重することの大切さに気付きました。近いうちに日本に来るそうなので、その時に会う約束をし、ネットワークを構築することができました。

後輩たちへのメッセージ・アドバイス

ニュージーランドは治安が良く、多民族国家であるため、初めての留学場所としてとても住みやすかったです。国民がフレンドリーで、バスの運転手に対して挨拶を交わす人が非常に多く、いい気分になりました。積極的にいろいろな人に話してみることが大事だと思います。

ニュージーランド 学校別体験談

◆ニュージーランド◆ University of Auckland

University of Auckland
京都大学・女性

学校情報はこちら

留学を決めた理由

長期で留学したいと思っていたが、少しハードルが高いと感じており、まずは挑戦しやすい1カ月のプログラムに参加しようと思ったため

今回の留学の目的は何でしたか

英語力、特にスピーキング力を向上させること、海外の生活を体験し海外の友達を作ること

上記の目的は達成されたと思いますか

スピーキングに少し自信が持てるようになった。また、いろいろな国の友達を作ることができた

受講したクラスについて

朝早かったのは辛かったが、一番上のクラスと違って午後の時間を有効活用できたのはよかった。

授業の主な内容

スピーキング、グループワーク、文法、リーディング

授業の感想

日本と違いクラスメイトと話したり発言する機会が多く、必然的に授業内で英語を話すことが多かったのが良かった。

クラスメイトの国籍

韓国、台湾、タイ、チリ、コロンビア、モンゴル、中国

クラスメイト、他の国の留学生とはどのように交流しましたか

ご飯を食べに行ったり、放課後観光に行ったりした。

学校スタッフの対応

先生方はとてもフレンドリーで話しやすかった。

学校設備・環境

自由に使えるカフェマシーンや、ラウンジ内の卓球台など、学校内で交流ができるものがたくさんあった。

周辺環境・利便性

徒歩圏内に繁華街や博物館、美術館があってよかった。バスが発達しているのでバスに乗れば30分以内で主要な観光スポットには行けた。

参加したアクティビティの内容・感想(アクティビティに参加しなかった方も放課後や週末の過ごし方についてぜひ教えて下さい。

学校の遠足のようなものや、自分で申し込んだバスツアーなどに参加した。どちらも日本人が多かったが、自分では行かないところや行きにくいところに行けたのは楽しかった。それ以外では友達といろいろな場所に出かけた。
また、1つだけオークランド大学の学生と話せるアクティビティがあったのだが、現地の学生と関われる貴重な機会で、学生同士なので話しやすくて良かった。

この学校を選んで良かったと思うところ

学校が街中にあり、観光スポットのような場所も近かったので放課後に行きやすかったところ

どんな方にこの学校をおすすめしますか?

程よく都会で、自然も近くにあるような場所が好きな人

留学先の街について簡単に教えてください。

それほど大きい街ではないが、綺麗なビーチが中心部のすぐ近くにあったり、マオリの文化を大切にしていたりするのが良いなと思った。また治安も良く親切な人が多いのも魅力的だと思う。

滞在先(ホームステイ/学生寮・レジデンス)の環境・食事について教えてください。

食事はかなりおいしかった。シャワーの時間が短かったのに苦労した。自室やリビングは広くて快適だった。

通学について(通学方法・通学費用)

バス、往復400円くらい

今回の語学研修全体を振り返って

あっという間の1カ月で、とても楽しかった。NZは日本と似ているところも多く、治安も良くて安心して過ごせた。

後輩たちへのメッセージ・アドバイス

スピーキングに自信がない日本人は多くいる気がするが、話してみれば案外通じるし、日本と違う文化、環境の中で生活する経験は今後の人生の糧になると思う。短期ならそれほど負担も大きくないので、不安がらずに挑戦してみてほしい。
また、現地では日本人の友達でもなるべく英語で話すようにすると良いと思う。

ニュージーランド 学校別体験談

◆ニュージーランド◆ University of Auckland

University of Auckland
京都大学・男性

学校情報はこちら

留学を決めた理由

英語で生活して、英語力の上達を図りたかったから。

今回の留学の目的は何でしたか

英語で生活し、英語力の向上はもちろんのこと、その地域の文化を学んで価値のある4週間を過ごす。

上記の目的は達成されたと思いますか

学校内の授業やホストファミリーとの交流を通じて達成されたと思う。また、現地での日本人との出会いもとても刺激的で心の中に残るものでした。この出会いは予想だにしていなかったので、留学をしたことで得られた貴重なものでした。

留学前に心配していたこと

自分の英語が通じるかどうか

受講したクラスについて

会話にフォーカスされていて、普段の何倍も英語のことを考えたし、それによって英語力の向上につながった。

授業の主な内容

テキストを用いて様々なトピックについて考え、自分の考えを相手に伝えたり、ペアワーク、グループワークを通して英語でプレゼンテーションを考えて発表をしたりした。また、テキスト以外の内容の授業内でのアクティビティを通して、みんなと楽しみながら英語を学ぶことができた。

どんな課題が出ましたか

プレゼンテーションの準備

授業の感想

クラスメイトとの交流の時間がたくさんあって、みんなと楽しみながら英語を学ぶことができました。毎日通うのがとても楽しかったです。

クラスメイトの国籍

韓国、タイ、コロンビア

クラスメイト、他の国の留学生とはどのように交流しましたか

授業内ののペアワークやアクティビティー、放課後の時間にご飯を食べに行ったり観光したりしました。

学校スタッフの対応

とてもフレンドリーで、困ったことはなんでも相談できる方達でした。

学校設備・環境

自由に使えるカフェマシーンや、ラウンジ内の卓球台など、学校内で交流ができるものがたくさんあった。

周辺環境・利便性

学校周辺は飲食店が多く、授業後にクラスメイトと昼ごはんを食べに行っていました。

参加したアクティビティの内容・感想(アクティビティに参加しなかった方も放課後や週末の過ごし方についてぜひ教えて下さい。

放課後はクラスメイトと昼ごはんを食べに行ったり、周辺の観光地に行ったりなど、とにかく遊んでいました。
週末は、土日のどちらかはホストファミリーと過ごすようにしていました(英語の練習のためにも)。一方の日はクラスメイトと遠出をして観光していました。

この学校を選んで良かったと思うところ

英語を楽しみながら学ぶことのできる授業でとても楽しかったです。その中でも難しいトピックについて英語で考え、英語で発表する機会もたくさんあり、英会話力の向上につながりました。授業外でも、放課後のアクティビティや学校内のアクティビティ施設等のおかげで学生達で楽しむことができました。

どんな方にこの学校をおすすめしますか?

初めて留学をする人

留学先の街について簡単に教えてください。

都市すぎず、田舎すぎないちょうどいい街です。都市に行けばショッピングや観光をすることができ、都市から離れても、飲食店街やお店などがあり、現地での生の生活をすることができます。公共交通機関も充実していて、移動には困らないです。

滞在先(ホームステイ/学生寮・レジデンス)の環境・食事について教えてください。

家族の全員がフレンドリーですぐに仲良くなれました。平日仕事があったりして忙しくても夕食を作ってくれて、会話をしようとしてくれました。土日も家族の予定に参加させてくれました。本当にいい経験をさせてもらいました、感謝しかないです。

通学について(通学方法・通学費用)

電車とバスを使って行きました。所要時間は50分くらいで、往復で4、5ドルでとても安かった印象です。

今回の語学研修全体を振り返って

1ヶ月という期間はとても短いもので、帰国直前になって現地での生活との別れに寂しさを覚えています。ここに来る前までにたくさんの準備が必要だったし、留学というものは大変なものなんだなと思いました。その大変さがあった分、いざ留学に来てみると、毎日新しいものに出会い、毎日が刺激的で、日本での生活、価値観を忘れるくらい現地に染まって生活していました。毎日の学校、放課後の遊び、ホストファミリーとの交流など、どんな時も楽しかったです。これは到底日本では経験することのできない幸せなことでした。
留学前、留学といえば英語力の向上、現地の文化の受容だと思っていました。もちろん、この留学を通して、生の英語を学び、自分自身の英語力をさらに伸ばすことができました。でもそれだけではなくて、英語を通して様々な人達に出会い、交流し、つながり合うことも留学の役割だなと、新たな留学のイメージができました。
今回の留学で得たものは、自分の人生の中でかけがえのないものです。この経験をこれからの人生に生かしていきたいです。この度はありがとうございました。

後輩たちへのメッセージ・アドバイス

留学といえば英語力の向上、現地の文化の受容などが真っ先に浮かぶと思います。これは自分からいろんなことに飛び込む事で達成できると思います。また現地で日本人にたくさん出会うと思います。最初は違和感があるかもしれません。せっかく留学に来ているのに日本人と連んでいてはダメだと思うかもしれません。ですが、そこで会う日本人は普段では出会うことのできないかもしれない貴重な仲間達です。とても刺激的なものになると思います。留学・英語というツールを通じて普段は出会うことのできない日本人と出会う事も留学の重要な役割の一つだと僕は思います。見るもの出会うものに躊躇する事なくチャレンジして、留学生活を豊かなものにしてください。

ニュージーランド 学校別体験談

◆ニュージーランド◆ University of Auckland

University of Auckland
京都大学・女性

学校情報はこちら

留学を決めた理由

仕事で英語を使ってコミュニケーションを取ったりプロジェクトを進められる人間になりたいと思っていたから。またこれまでの人生を振り返った時、できないことは早々に諦めたり最初からやらなかったりして失敗しないような選択をしていたと強く感じたから。

今回の留学の目的は何でしたか

英語で話すことを恐れない

上記の目的は達成されたと思いますか

100%ではないけどかなり抵抗感は少なくなったと思う。

留学前に心配していたこと

リスニング、スピーキングなどの日常会話ができるかどうか

受講したクラスについて

“intermediate クラスだった。文法のクラスは高校の範囲が理解できていれば問題なくついていけるレベルだった。コミュニケーションの方は自分が苦手なのもあるが最初は聞き取れないしうまく伝えられず苦戦した。ただ今までにない経験ができてとても有意義だった。intermediateクラスは午前中授業だったので、午後の自由時間にオークランドの観光をたくさんできた。
文法の授業は日本の学校の授業の形態に似ていた。コミュニケーションの授業はスピーキングに特化した内容だった。”

授業の主な内容

リーディング、リスニング、文法の授業、発音、語彙を学び、問題を解くたびペアの人と英語で答え合わせをした。コミュニケーションの授業ではプリントをもとに英語で話し続けることを意識してペアワークをした。

どんな課題が出ましたか

文法の問題を解いてくる。プレゼンテーションの準備

授業の感想

ペアだと間違いを恐れずに自分の意見を伝えるために英語で話せた。ただ私の場合はプレゼンなどみんなの前に出てはまだまだ緊張してうまく英語が出ないことが多かった。

クラスメイトの国籍

台湾、タイ、サウジアラビア、コロンビア、中国

クラスメイト、他の国の留学生とはどのように交流しましたか

授業内ではインターネットを使うのは禁止だったが、一緒にランチを食べに行った時などは単語を翻訳しつつも各々の国のことを教えあったり、普通に雑談したり、趣味の話をしたりした。中国人のルームメイトとは日本と中国で似ていること違うことをよく話した。

学校スタッフの対応

区切りごとに質問はないか確認してくれ、理解できないところを伝えたら丁寧に教えてくれた。間違えたことを決して否定せず、この表現のほうが一般的だよとか、理由やシチュエーションを添えて説明してもらえたのが良かった。

学校設備・環境

Wi-Fiが整備されていて良かった。全体的に綺麗だった。

周辺環境・利便性

バスは時間通りに来るので通学の不安はかなり少なかった。主要なスポットにはバスでいけたので良かった。観光スポットが大学周りに多くランチを食べるカフェもたくさんあったので空いている時間を楽しく過ごせた。

参加したアクティビティの内容・感想

ホビットツアーに参加した。それ以外の週末は友達と島に行ったり観光したりショッピングをしたりして過ごすことが多かった。

この学校を選んで良かったと思うところ

色んな国から留学に来ているので英語ネイティブの英語はもちろんスペイン語ネイティブの英語などに触れれたこと。

先生も生徒も親切な人が多く、良い環境だと思った。

どんな方にこの学校をおすすめしますか?

多文化交流に興味がある人、自然が好きな人

留学先の街について簡単に教えてください。

都市と昔の建物と自然が良いバランスで共存している街。中心は高いビルや高級店が集まっているが少し遠ざかれば豊かな自然と海、島、のどかな住宅街が見られる。

滞在先(ホームステイ/学生寮・レジデンス)の環境・食事について教えてください。

部屋、水回りはとても良い環境を提供してもらえている。ホストファミリーとの交流と1人の時間のどちらもとれる。朝は家のものを自分で準備して食べる、ホストファミリーが色んな国の料理が好きなのでタイ米やパスタ、メキシコっぽい料理などバライティ豊かな夕食を出してもらっている。

通学について(通学方法・通学費用)

バス、片道約2ドル(NZ)

今回の語学研修全体を振り返って

1ヶ月の滞在だったため正直、大幅に英語力が向上してはいないが、英語を話す、もう一度言ってもらうよう頼む、自分の意見を示すことへの抵抗感はかなり減ったと思う。これまではテストを合格するために英語を勉強してきたが、もっと英語を使えるようになりたいと思った。2回生後期は時間があるのでテストを自分で受けたりして、この語学研修の経験を無駄にしないように英語の勉強を続けようと思った。

後輩たちへのメッセージ・アドバイス

海外では日常会話で自分自身の意見を問われることがよくあります。日本では波風のたたない回答をするのは普通にありますが、海外でははっきり賛成、反対を示してその後に理由を述べることが求められていることが多いと感じました。日本にいる時から、どうして自分は賛成なのかを考える癖をつけておくと会話の時に活かせると思います。また、感情の表現の語彙が豊富だと日常会話が弾むと思います。

ニュージーランド 学校別体験談

◆オークランド◆ University of Auckland English Language Academy

学校情報はこちら

れんくん(大東文化大学・男性)

オークランド大学のおすすめポイント

①先生方が優しく全員がフレンドリー。初めに緊張をしていてもすぐに馴染むことができる。

②ニュージーランドを楽しめるツアーが豊富。

③街中に近いため交通の便もよくショッピングなどを楽しむことができる。

④健康面、緊急時等のサポートも充実。

授業は基本的に支給される教科書を使って行います。また先生方はプロジェクターを駆使して授業を行うので日本とは違う感覚できっと学ぶことができます。私が参加したプログラムは日本人が多かったので精神面の不安や緊張はあまりありませんでした。しかし、他国の留学生と話す機会が他の大学と比べて減ってしまうので、そうした時は自分から話しかけにいく「行動力」次第で同じ授業を受けている生徒たちとの差を広げることができると思います。
自分が変わったことは、知らない異文化を知りその下で生活をして様々な経験を通して受け入れることが留学する前よりもできるようになったことです。また行動する力が更に身に付いたことです。またこれは、普段の過ごし方、大学での過ごし方も全て自分で決めるので留学する人全員が身に付く力だと思います。

滞在先での生活はいかがですか?朝食や夕食でよく食べるもの、ホームステイ先での過ごし方なども、教えてください。

生活では特に不便もしていなく、快適に過ごせていると感じています。朝食はトースト、シリアルが出されます。夕食はライス、パスタ、うどん、野菜、お肉など日本寄りの夕食が出されることがほとんどです。 nzに着く前に主食などを調べていたら、オートミール、シリアル、ジャガイモなど書いてあったのですが思ったほどそれらは提供されていません。 過ごし方は平日は帰ったら夕食がわりとすぐに出されます。その後は宿題やって、シャワー、休憩、就寝という流れです。

アクティビティ

週末はでかけることが大半です。また平日は特に用がなければ学校が終わったら家に帰ります。おすすめのスポットはデボンポートです。ホストファミリーの方の孫の誕生日パーティーに参加したり、オークランド動物園やスカイタワーに上りました。土日も充実することが出来ました!とても貴重な経験が毎週できて幸せです!

担当の先生は、どんな方ですか? クラスの雰囲気も、あわせて教えてください。

一限の先生は少し年配の方で、生徒に対して優しく接してくれる先生です。クラスの雰囲気は、9割が同じ日程で学びにきている生徒ということもあり、早い段階で打ち解け合って楽しい雰囲気の中で学べています。 二限の先生はとても明るくてテンションの高い先生です。この方も生徒に対して優しく接してくれるとても良い先生です。クラスの雰囲気は、かなりグループで席が固まっているかんじではありますが、授業柄いろんな人と会話することが多々あるのでとても学びやすい雰囲気です。

ニュージーランド 学校別体験談

◆オークランド◆ Languages International Auckland

学校情報はこちら

えりさん(東京経済大学2年/女性)

留学を決めた理由

大学でACEJのプログラムを知りました。海外には数日間旅行にでかけたことはありますが、語学研修への参加は今回が初めてです。 始めは、海外へボランティアに行こうと思っていました。 その国の文化を体験したり、ホームステイで現地の人と一緒に暮らしながら学校へ通うことは、自分にとっても貴重な経験となるだろうと考えたので、長期の休みに短期留学をすることにしました。 もともと時差があまりない国がよかったため、オセアニア地域への留学を希望していましたが、大学内で実施されたACEJの留学説明会や、担当カウンセラーとの個別カウンセリングを経て、オーストラリアに比べて授業を多めに取りながらしっかりと勉強できるニュージーランドにしました。 とても良い場所にあるという事と、少人数クラスで先生が丁寧に教えてくれるという事に魅力を感じたため、Languages International Aucklandに留学することを決意しました。

ホストファミリーはどんな方ですか。

父母10歳の双子の女の子、6歳の女の子と犬がいます。 初日はなかなか話せなくて戸惑いました。2日目からは、わからないことは何度も聞くようにしています。今日は、妹の宿題を手伝ってあげました。常にリビングにいることを、心がけています。ホームステイ先での生活にも慣れてきました。子どもが3人いるので、夕飯の時間は割と早めです。朝はだいたい6時半頃起きて、余裕をもって学校へ行く準備をしています。朝食は自分でトーストを焼き、紅茶を飲んでいます。日本にいる時よりも、規則正しい生活が送れています。なかなか一度で伝えたい事を言うのは難しいです。朝起きた時、寝る時、帰宅したときの挨拶は欠かさずにしています。一度聞いてわからなかったことは、紙に書いて説明してもらうようにもしています。Yes, Noをはっきり伝えることを意識しています。 子どもとのコミュニケーションは難しいけれど、楽しいです。日本から持ってきた写真を紹介したら、とても喜んでくれました。 また、ホームステイ先に持って行ったお土産も、早速使ってくれています。お土産について話をしたら、会話が膨らみました。

クラス

クラスメイトは、現役の学生が少ないです。大学を卒業してから来た人や、仕事をしている人、仕事を辞めてから来た人などがいます。授業で勉強していることは、内容的には簡単に感じます。文章を書く分には簡単ですが、会話をしたり説明をするということは、思っていたより難しいです。授業中でのペアワークは、同じ国の生徒が一緒にならないように工夫がされています。 宿題は、ワークのエクササイズ問題や、プリントなどから出ています。文章をつくる宿題が多いです。

アクティビティ

第一週目は学校のアクティビティで、ワントゥリーヒルという所へ行きました。天気はあまり良くなかったのですが、いい眺めでした。たくさんの羊や、野生のウサギも見ることができました。放課後は、友達と夕飯を食べに行ったり、学校の周りを探索したり、カフェで話したりしています。 この前は友達と、ムール貝で有名なレストランに行ってきました。とても美味しかったです!!他のクラスの子とも話す機会ができました。 ニュージーランドに来てから、留学生の友達と日本食を食べに居酒屋にも行きました。他の国でもお寿司が人気だそうです。友達は、お寿司とうどんを食べていました。休みの日には、少し遠出をしたいなとも考えています。

学校や授業の感想をお願いします。

授業はペアワークなどが中心で、わかりやすかったです。学生もみんな真面目で、先生もとても熱心でした。学校の設備においても満足です。

今回の語学研修全体の感想をお願いします。

初めての留学、出発前は不安な気持ちが大きかったです。飛行機も一人で、本当に大丈夫かな、と自信がなくなりました。 ですが、現地で温かく迎え入れてくれたホストファミリーと、学校でできた多くの友達のおかげで不安な気持ちもあっという間になくなりました。 現地に到着した日から帰国前日まで、日記をつけていました。慣れてきたころには、日本に帰りたくないなという気持ちが大きくなっていきました。 最後の学校の日、一番仲良くなった韓国人の友達にメッセージカードを渡しました。これからも仲良くしていきたいと思っています。 ホストファミリーにも、メッセージカードを渡して、喜んでくれました。とても素敵な人たちに出会えて、素敵な環境で勉強できて幸せでした。また、留学したいな、と思っています。

これから参加される方へのメッセージをお願いします。

たった一か月という短い期間でしたが、今回の留学は自分にとってとてもいい経験になりました。色々な国の友達ができ、ホストファミリーとは様々な話ができ、充実していた一か月間でした。 もし留学をしたいな、と思っている人はぜひ留学することをお勧めします。ニュージーランドは、のんびりとしていて過ごしやすく、とても素敵な国です。きっと素晴らしい思い出ができると思います。 今回語学留学ということもあって、あまり多くの観光スポットへは行けませんでした。私は、どこへ行ったかということよりも、誰と行ったかが大切だと思います。私は、今回の留学で出会った他の国の友達と過ごす時間を、大切にできたと思っています。 学校には日本人もいたし、時期的に大学生も沢山来ていました。ですが、日本人だけで行動するのはもったいないです。不安もあるけれど、なるべく他の国の留学生と一緒にいる時間を増やすことが大切だと思っています。

LSI オークランド

LSI Auckland

1965年設立の語学学校。オークランド市内に位置しており、カフェ、ショップ、バスターミナル、駅、レストラン、映画館まで徒歩圏内。通学には最適です。”City of Sails”の愛称を持つこの街は港までのアクセスも良く、自然も満喫することが出来ます。一般英語コースだけでなく、英語試験対策コース、ビジネス英語コースなど幅広く展開しています。校内施設が整っているため、放課後の学習や授業の合間のランチを楽しむことが出来ます。

詳細情報

世界中に学校を持つLSIには、毎年100を超える国籍の生徒が集まります。英語試験によってレベル分けされるクラスでは少人数体制をとっており、長年の経験を持つ講師陣によって授業が行われます。

一般英語コースだけでなく、英語試験対策コース、ビジネス英語コースなど幅広くご紹介しています。校内施設が整っているため、放課後の学習や授業の合間のランチを楽しむことが出来ます。

ホームページ

住所

ニュージーランド北島 オークランド

学校タイプ

私立の語学学校

コース内容

6レベルに分けられた一般英語コース、試験対策コース(IELTS, TOEIC,TOEFL)、English for Business、English for Law 

開校日

毎週月曜日

滞在方法

ホームステイ

平均クラス人数

最大16名

アクティビティ

国内観光、スポーツ観戦、ハイキング、サーフィン、美術館・博物館への日帰り観光など

国籍

ブラジル、トルコ、日本、ドイツ、フランス、イタリア

一般英語コース詳細

コース内容:コミュニケーションの向上を目的とした、文法、語彙、発音、リーディング、ライティングなど幅広くカバーできる授業を履修します。

ビジネス英語コース詳細

LSI English for Business

コース期間:3週間~

コース内容:12週間ごとに様々なテーマを開講。プレゼンテーションやロールプレイングを用いて実際のビジネスコミュニケーションの場面で使うことのできる英語を学びます。

時間割:午前中に一般英語のレッスン、午後にビジネス英語のレッスン2つとなります。

・国際貿易

・マーケティング、広告

・Eコマース

・リーダーシップ

・人事、採用関係

・ビジネス法

入学条件:Intermediateクラス以上

キャンパス紹介

オークランドの中心地、周辺にはカフェやレストラン、公共交通機関への好アクセスな場所に位置しています。オークランド校では、快適な勉強環境を提供するための施設が充実しています。校内には無料Wi-Fi、DVDやテレビ備え付けのコンピュータールーム、礼拝室、図書館があり、生徒は自由に利用することができます。校内の食事スペースには、冷蔵庫、電子レンジ、ドリンクマシンが備え付けですので、昼食を持参して食べることができます。

オークランド

ワールド ワイド スクール オブ イングリッシュ

Worldwide School of English

1989年設立の語学学校。オークランド市内に位置しており、港、ショップ、バスターミナル、駅、レストラン、映画館まで徒歩圏内。通学には最適です。クラスはスピーキング重視のカリキュラム、常に教師と生徒全員が楽しく最高の環境で学べる雰囲気づくりを心がけています。

詳細情報

ENGLISH NEW ZEALAND (FIELS-NZ), Quality EnglishのメンバーでNZQAカテゴリー1に属した教育水準の高い学校です。国際色豊かなキャンパスで、先生はCELTA, TESOLの英語資格を持つニュージーランドをはじめ、オーストラリア、アメリカ、イギリス、南アフリカ出身の教師陣を揃えています。フライトアテンダントコースや、インターンシップ、ファームホリデーなど幅広いコースもご紹介しています。

ホームページ

住所

ニュージーランド北島 オークランド

学校タイプ

私立の語学学校

コース内容

7レベルに分けられた一般英語、試験対策コース(IELTS, TOEIC,BEC, FCE/CAE) ファームステイ、ラグビー、インターンシップ、フライトアテンダントコース

開校日

毎週月曜日

学生数

145-220人

滞在方法

ホームステイ、寮

平均クラス人数

12名(最大16名)

アクティビティ

平日:火曜日スポーツデイ、水曜日ヨガ、木曜日パブナイト

国籍

日本、タイ、ブラジル、チリ

フライトアテンダントコース詳細

world wide school of English: flight attendant training

コース期間:14週間

コース内容:国内及び国際線で客室乗務員に必要なスキルを身に付けます。

・航空知識

・客室乗務員トレーニング

・3日間のニュージーランド実習、フィールドトリップ

・機内サービスおよび、安全・緊急デモンストレーション、ロールプレイング

・シドニー カンタスセンターへのフィールドトリップ(オプショナル)

入学条件:IELTS資格5.5以上及び、最低8週間のフルタイムアカデミックイングリッシュコース受講

キャンパス紹介

オークランドの中心地、アンザックアベニューに位置し、メインストリートから程よく離れている為、静かで落ち着いた環境です。 図書室とコンピュータールーム施設も充実しており、図書室には6レベルに分かれた1000 冊以上の小説を用意、自習用のTOEFL, TOEIC,IELTS, FCE, CAE, CPE の試験対策や文法、リスニング教材、600種類のDVDも完備。DVD、雑誌、小説の貸し出しが可能ですので週末や夜に家でも勉強することができます。 また、6階の学生ラウンジにはカフェ、ツアーデスクがあります。

学校担当者レポート

こんにちは!初めまして、ワールドワイドスクールの日本人スタッフのMaiです。ワールドワイドスクールはとても生徒と教師、スタッフの距離が近くアットホームな環境の語学学校です。留学が初めての方にも安心して入学して頂けます。皆さんの留学生活が充実できるよう毎日放課後アクティビティをご用意し週末には小旅行ができるようツアーデスクを設けています。世界中から来る留学生と一緒に生きた英語を学び日本では出来ない経験をしましょう!ワールドワイドスクールで待っています。

学校フォトギャラリー

オークランド

ランゲージズ インターナショナル オークランド

Languages International Auckland
国内最大の都市であるオークランドにある歴史ある語学学校。 オークランドの中心部の広々とした敷地に点在する、エレガントで歴史的な建物を校舎として使用し、個人のレベルに合った、質の高いレッスンを提供しています。

詳細情報

ランゲージズインターナショナルは1978年に創立した英語学習を知り尽くした老舗の語学学校です。経験豊かでフレンドリーな教師陣が、生徒の質問や問題に丁寧に答えてくれます。オークランド校はダウンタウンに位置しており、近くにはレストランやショッピングセンターがあり、大変便利。画期的な指導方法を取り入れていて、バラエティに富んだ授業内容を提供しています。名門大学オークランド大学のすぐ隣にある語学学校なので、語学学校にいながら大学の雰囲気を味わうこともできます。

ホームページ

住所

ニュージーランド北島 オークランド

学校タイプ

私立の語学学校

コース内容

一般英語コース(23、13)、ビジネス英語コース、エグゼクティブコース、IELTS、TOEFL/TOEIC対策コース、ケンブリッジ検定準備コース、大学進学準備コース、英語教師育成コース、ケンブリッジCELTA

開校日

毎週月曜日

学生数

80-120名 (時期により異なる)

滞在方法

ホームステイ、寮、アパート

平均クラス人数

10名(最大14名)

アクティビティ

ボーリング、パブ、卓球大会などを放課後に週1回企画

国籍

スイス、韓国、日本、タイ、中国

学生の声

授業はペアワークなどが中心で、わかりやすかったです。学生もみんな真面目で、先生もとても熱心でした。学校の設備においても満足です。 詳細はこちら

現地担当者インタビュー

Languages International would love to welcome you to our school in the park in Auckland, New Zealand.

学校フォトギャラリー

オークランド

CCEL Christchurch(In Partnership with the University of Canterbury)

CCEL Christchurch(カンタベリー大学オンキャンパス語学学校)

★カンタベリー大学と提携している語学学校
★世界で訪れたい都市第2位
★自然豊かで過ごしやすいキャンパス

詳細情報

カンタベリー大学の構内にある私立語学学校。Christchurch College of English(CCEL)では、質の高い英語教育と充実した学生サポートを提供しています。クライストチャーチ市街地まではバスで約20分の好立地にあります。大学内は緑豊かでエイボン川が流れ、落ち着いた環境の中で勉強に集中することができます。大学内にはレストランや図書館、テニスコートなど、充実した施設が整っています。 車で15分の場所にはサーフィンのスポットもあり、ニュージーランドの美しい海を満喫することもできるでしょう。

ホームページ

住所

ニュージーランド・クライストチャーチ

開講日

毎週月曜日

平均クラス人数

平均11-14名

滞在方法

ホームステイ

アクティビティ

ドルフィンウォッチング、カヌー、BBQ、ラグビー、ランチシェアパーティー、スキー、スノーボード など

※時期により変更あり

国籍

中国、日本、韓国、台湾、タイ、スイス、チェコ、ロシア、フランス など80ヵ国以上

コース概要

General English Day

Christchurch College of English (CCEL)では、質の高い英語教育と、充実した学生サポートを提供しています。フルタイムの一般英語(General English Day)コースは、2~50週間の期間が設けられており、レベル別(全6レベル)の少人数クラスで、総合的な英語力を高めることを目的としています。

授業は週20時間、加えて3時間の自習時間があります。文法・語彙・リーディング・スピーキング(ディスカッション)など、英語の総合スキル習得を目指します。

Full time – 20 + 3 hours eLearning (Mon – Fri 12:00pm – 4:30pm ) /

part time – 15 hours per week (Mon – Fri 12:00pm – 3:15pm)

※上記はあくまでサンプルスケジュール例となり、渡航時変更となる場合がございます。

ロケーション

ニュージーランド・クライストチャーチ
ニュージーランド南東中部に位置し、国内では2番目に、南島では1番大きい都市です。2013年には、ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ「世界で訪れたい都市」ランキングで第2位に輝きました。2010年~2011年の間に地震による被害を大きく受けましたが、そこから目覚ましい復興への道を遂げ、現在では新たなクライストチャーチの生き生きとした姿を見ることができます。市街ではショッピング街ができ、ヴィンテージから最先端のファッションまでがそろっています。また、街中には可愛らしいトラムが走っており、乗りながら観光をすることもできます。街を離れると、クジラやイルカを見ることができる場所や、スキーなどのアクティビティを楽しめる場所があり、自然を満喫する環境も整っています。気候も穏やかなので日照時間も年間を通し長いため、快適に現地生活を送ることができるでしょう。

ご相談・資料請求

学校選びから手続き・資料請求など
お気軽にご相談ください

無料個別留学
カウンセリング
はこちら