一般財団法人JSAF GLOBAL LANGUAGE EDUCATION ACEJ

  • Top
  • 過去のWeekly Reportを読む
  • ACEJ語学学校担当者 来訪レポート!
  • ACEJ語学学校担当者 来訪レポート!

    イギリス イギリス

    イギリスNo.1のビーチリゾート!ボーンマスにある語学学校

    2019年6月5日 Beet Language Centre/ 花木さん(Marketing Executive East Asia)
    Beet language Centreボーンマスの中でも閑静な住宅地にあり、落ち着いた環境で勉強に集中できます!創立時は学生3名からスタートし(そのうちの一人は日本人です!)、40周年を迎え現在は常時150~250人の学生が在籍する歴史ある学校です。先生もベテランの先生ぞろいで経験豊富なので心配無用!花木さんもbeetに10年勤務されているんですが、学校ではまだ若手と言われているくらいだそうです。花木さんは3、7、8月には学校に常駐されており、それ以外も遠隔で日本語のサポートをしてくださるので何かあった時は心強いですね!

     

    Q.「ボーンマスの魅力を教えてください!」

    ビーチリゾートとして有名で、ボーンマスのビーチは毎年イギリスで一位を獲得しており、世界ランキングでも20位と非常に高い評価です。自然も多く、乗馬・ハイキングを楽しむ方も多いですが同時に買い物できる場所もそろっているので、都会過ぎず田舎過ぎずのちょうどいいバランスの都市で勉強されたい方に特におススメです!
    ロンドンへも電車で2時間ほどで行けますし、学校でもケンブリッジ、オックスフォードなどへの日帰りトリップを週末企画しています。

     

    Q. 「Beetならではの特徴を教えてください!」

    何より先生と生徒の距離がとても近く、校舎全体がアットホームな雰囲気に包まれています。黒板もスマートボード使用なので、先生の字が読みにくく授業についていけない、なんてことはありません!ヨーロッパからの学生が年間の学生数全体の50%を占めているので、様々な国籍の留学生と友達になれます。また通学時間も公共交通機関を使用しても30分以内であるところもBeetの魅力ですね。Wifiもホームスティ先に完備しています。またBEEt Onlineにコース初日から一年間アクセスできるので、仮に1か月コースだとしても帰国後も継続して勉強できます。

     

    Q. 「コースについて」

    やはりGeneral Englishが一番人気ですね。ただIELTSコースやケンブリッジ検定にも力を入れていて、特にIELTSに関しては他の学校と比べても良心的な値段で質の高いクラスを提供しています。IELTSコースは事前にテストを受ける必要がありますが、入校日は決まっていないので、毎週月曜からスタートできます。現地の大学進学を目指している学生が多く受講しているので、刺激を受けながら勉強できるベストな環境です!是非詳細お問合せくださいね。

    この学校の詳細はここからチェック!

     

    イギリスで教育の質No.1!落ち着いた環境のウィンブルドンにある語学学校

    2019年5月14日 Wimbledon School of English/ Svetlaさん(Sales,Marketing and Groups Manager)

    Wimbledonはイギリスの英語教育情報誌「El Gazette」が発表したイギリス国内の語学学校のランキングで見事一位を獲得しており、教育の質は疑う余地がないほどの数々の実績を残してる学校です。世界的にも有名な学校ですので、素晴らしい先生が集まってきますし、非常に向上心の高い学生も多く集まってきます。ビジネスコースには、経営者の方も学びにきていたりするので高校生から社会人の方まで様々な学生と交流できるのも特徴です。最近はオプションですが、午後にサッカーレッスンを受けられるコースもできました。 大きな庭も特徴で、休み時間や放課後には友達との団らんを楽しんでいる姿が見られます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Q.「ウィンブルドンの街について教えてください!」

    ウィンブルドンはあのテニスのグランドスラムの4大大会の一つとしても有名な街です。この時期になると街中はとても賑やかになり、お店のどこかしらにテニスボールの装飾が見られ、広場に大きいモニターが置かれ試合を観戦できたりと、ちょっとしたお祭りになります。ただ会場自体は学校からは徒歩30分かかるので、人がいっぱいで不便な思いをする心配はありません。ロンドンの中心部からは地下鉄で約20分の住宅街の一角にあります。なので都心の喧騒から離れた落ち着いた環境で勉強ができますが、学校はウィンブルドン駅まで徒歩5分以内に位置しているので、同時に放課後は電車ですぐに観光へも気軽に行けます!住宅街なので治安も良く、親御さんも安心して送り出せます。けれど駅前にはショッピングモールやスーパーなどがあり、にぎやかな側面もあり生活には困りません。 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Q. 「学校の特徴を教えてください!」

    歴史を感じさせる外観ではありますが、中は最新設備が揃っています。授業中も先生はパソコンを使います。(※一部の教室では使用できないことがあります)通常都心に学校がある場合、通学時間は40~60分になるんですが、WSEでは、ホームスティ先は学校まで25分以内で通えるお家を保証しています。またStudyCentreでは先生が常に常駐しているので、分からないことはいつでも質問できます。放課後のアクティビティも盛んで、特にミュージカル鑑賞は定期的に組まれているので、自分でチケットを取って一人で行くのはちょっと大変、、という方でも本場のミュージカルを皆で見に行ってロンドンの思い出を増やしませんか?

     

    Q. 「現状学生の国籍割合についてどうなっていますか?」

    多い国籍は時期によりますが、スイスが12%、タイが11%、韓国・イタリアが9%の順番ですね。日本は8%となっており、春休み、夏休みになると確かに通常よりは増えますが、カナダ・アメリカに比べると日本人割合は少ないです。またヨーロッパからの学生も北米に比べるとぐんと上がってきます。

    この学校の詳細はここからチェック!

     

    初海外でも安心していけるイギリスの都市といえば、ケンブリッジ!

    2019年5月9日 Studio Cambridge / Nicoleさん(Sales Director)

    イギリスの学園都市として有名なケンブリッジは、ゴシック建築が立並び、古き良きイギリスの雰囲気が残るのんびりした都市です。歩いて回れるほどのコンパクトな街には川が流れ、気候が良い日は人々はパンディング(木彫りの舟に乗るアクティビティ)を楽しんでいます。

    Studio Cambridgeは一言でいえばサポートが整った安心の学校!今回来ていただいたNicoleさんの他、学校スタッフの方たちが暖かく迎えてくれます。放課後アクティビティは無料(※)で行われているので、参加必須です!!

    (※)プログラム費に全て含まれているので現地で支払う必要がありません。

     

     

    Q.「この夏は学生の国籍割合はどのようになりそうですか?」

    どの国からも学生が増える時期ですが、特にヨーロッパからの学生が多く来ます。イタリアやスイスからの学生が特に増えるため、国籍バランスがちょうどよくバラけるおススメの時期です。ただ全体の人数が増える時期なので、夏の期間だけキャンパスは2つに分かれます。学生さんが初日に来て迷ってしまわないよう、スタッフが外で誘導し、迎えてくれます。

     

    Q. 「学校の施設について教えて下さい」

    学校は一軒家の建物で、学生用に食堂があります。専属シェフもいて、ランチは5£で食べられるため学生に人気!食堂は先生やスタッフも使うので、コミュニケーションの場にもなっています。メニューはビュッフェ形式で好きなものを選べます。3時頃のティータイムには、お菓子やケーキ、スコーンなどの軽食も売られます。
    学校にはセルフスタディルーム(自習室)があり、宿題や授業の事で分からないことがあれば常駐している先生に質問も出来ます。とにかく生徒と教師・スタッフの距離が近いのがおすすめポイントです!!

     

    Q. 「授業の内容について教えて下さい

    クラスには2人の担任講師がいて、それぞれコミュニケーションクラス、読み書きクラスを担当しています。読み書きクラスでも全体的に会話中心の授業となっており、退屈しないように体を動かしたりクイズを挟んだり工夫しています。また、週に1回フィールドトリップの機会もあるので、クラス内にとどまらず外にも出て学びます。
    中級以上のクラスでは、プロジェクトワークやプレゼンテーションなどもあり、よりアカデミックな内容となっています。

     

    この学校の詳細はここからチェック!

    usa アメリカ

    ロサンゼルスの中心地!LAライフを楽しめる好立地にある語学学校

    2019年5月13日 ELC Los Angeles/ Jenniferさん(Junior Program Director)
    ELC Los Angelesはロサンゼルスの名門大学UCLAや、ビバリーヒル、ハリウッドなどの観光地のほど近くにある語学学校です。授業のクラスは、読み・書き・スピーキングなどスキル別でレベル分けされるので、効率よく勉強できる点が人気。

     

     

     

     

    Q.「この夏は学生の国籍割合はどのようになりそうですか?」

    夏はどの国からも留学生がやって来るので、日本人が多いこともなくインターナショナルな雰囲気になります!
    ELCは全体の国籍バランス図るため、各国25パーセント以下になるように徹底しているので、1つの国の学生に偏るということはありません。

     

    Q. 「UCLA Summerプログラムについて教えて下さい!」

    UCLAのキャンパス内でELCの授業を受けられるプログラム。滞在先はUCLA内の寮。夏だけ限定の短期のプログラムなので、学生ビザの取得は不要ですUCLAELCは徒歩15分の距離。アクティビティはこのプログラム用に作っているが、UCLAプログラムに参加していない学生さんでもこちらのアクティビティに参加することも出来ますよ。

     

    Q. 「学校企画のアクティビティではどんなことを体験できますか?」

    学校企画のアクティビティでは、テーマパークへ行ったり周辺の観光地を巡るほか、地元で開催されるフェスティバルへ参加したり、学内で映画鑑賞など様々です。ELCの一般英語コース(パートタイム)は午前中で授業が終わるため、15時からのアクティビティまで時間があります。ただ、何もやることがない、なんて心配はいりません!UCLAプログラム用のアクティビティはお昼過ぎからスタートするので、そちらに参加する事もできます!

    この学校の詳細はここからチェック!

     

    canada_000 カナダ

    先生と生徒の距離が近い!勉強もイベントも全力なバンクーバーの語学学校

    2019年5月16日 VGC International College / Sakikoさん(Marketing&Recruitment Officer)

    VGC International Collegeは、2つキャンパスがあり、Glabal English選択の方は紫の看板が目印の自社ビルで勉強します。(※時期によっては変わる可能性もあります)学校はシティ内にあり観光地で有名なギャスタウンやハーバーも近く、放課後の街歩きも飽きることはありません。校舎の中の壁はレンガ調の落ち着いた内装になっています。VGCは試験対策に強いことで有名ですが、何よりアットホームで学校全体が和気あいあいとした雰囲気に包まれている事が魅力です!アクティビティ専  門のスタッフもいるので、放課後も週末も思い切り楽しめます!

     

    Q.「バンクーバー、VGCの特徴を教えてください!」

    バンクーバーは自然と都会が調和しており、世界住みやすい都市ランキングでも堂々の6位にランクインしています。気候もトロントに比べると暑すぎず寒すぎない環境です。街全体にゆったりした雰囲気が流れており、日本で忙しい日々を過ごされている方にとっては英語の勉強に集中できるぴったりの街です。またVGCでは月~木曜日の3:40~4:40までスタディラボという学習室を開講しており、教師が常勤しているので宿題に関しても気軽に聞ける環境があり、分からないことをそのままにさせないサポートが魅力です。平日の月に2回、先生と学生が集まってカンバセーションパブが開催されるんですが、毎回50人以上もの参加があり盛り上がるイベントの一つです。

     

    Q. 「パープルカード制度について教えて下さい!」

    母国語を使わず英語での会話を頑張っている学生にはスタッフや先生からパープルカードが渡され、学生はそれに自分の名前を書いて受付に置いてある入れ物に入れます。そこから毎週金曜日にスタッフが2枚引き、当たった学生にはご褒美にスターバックスのカードなどが渡されます。反対にレッドカードといって学校内で母国語ばかり話していると注意を受けますが、褒めて伸ばすスタイルが基本なので、学生は積極的に英語を話せる恵まれた環境です! 

     

     

     

     

     

     

     

     

    Q. 「現状学生の国籍割合はどのようになっていますか?」

    これまで75ヶ国の学生を受け入れています。日本人割合は20%ですが、25%以上にはならないようにしています。なので様々な国籍の学生と交流ができる事は間違いないです。最近の傾向ではブラジル、ヨーロッパ、トルコ、タイ、台湾、メキシコ、スペインからの学生が増えています。

     

    この学校の詳細はここからチェック!

     

    初心者でも安心な手厚いサポートが人気!バンクーバーの語学学校

     

    2019年10月9日 International House Vancouver / 小川さん(Director of Marketing)

    International House (IH) Vancouverは、ギャスタウン近くのデパート内にある語学学校です。同じ建物内にフードコートや映画館があり、放課後は友達と一緒に時間を過ごすのにぴったりです。週に1度、日本人学生を集めて留学成功のためのセミナーを開くなど、スタッフの方々のサポートがとにかく手厚く安心して留学することが出来ます。初海外の方にもおすすめの学校です!

     

    Q.「この夏は学生の国籍割合はどのようになりそうですか?」

    毎年、そうですが8月上旬は全体の30%ほどが日本人の学生となります。8月後半~9月にかけて、日本人の割合が徐々に減っていきます。来年は日本でオリンピックが開催されるので、それをモチベーションに来てもらえると嬉しいです!

     

    Q. 「Summy塾について教えて下さい!」

    校長のサミー高橋によるグローバルキャリア塾で、日本人学生向けに週1回開催されています。日本人の学生さんは、他の国の学生に比べると少し引っ込み思案な所があったり、クラスに馴染むのに時間がかかる・・・という人もいるので、コミュニケーション力UPの講座や、ホームシックになってしまった場合の対処法などについて、校長先生が直々に教えてくれる機会となっています!

     

    Q. 「J-Shineコースも人気とのことですが、どのようなコースなのですか?」

    J-Shineとは、児童/小学校英語教師養成講座を通して、J-SHINEが認定する小学校英語指導者資格または、小学校英語準認定指導者資格を取得するプログラムです。最短4週間で受講可能なので、短期で資格取得したい!という方におすすめ。2週間(日本語授業)+2週間(英語授業)というカリキュラムとなります。(※4週間の場合取得できる資格は準認定指導者資格)オプションで+2週間の近隣幼稚園での実習も受けられ、小学校指導者資格を取得できます。受講者の中には実際に日本で英語を教えているベテランの先生もいますが、7割がこれから先生を目指す大学生です。このコースはとても人気なので、希望の方は早めにお申込みくださいね!

     

    Q. 「他とは違う!というようなおすすめポイントはありますか?」

    午前と午後ではクラスメイトも先生も変わるので新鮮な気持ちで授業に臨めます!そして、先生と学生の距離が近いだけではなく、スタッフのオフィスには扉がないので、学生が相談しやすい環境になっています。もし宿題などで分からないところがあれば、週に1回15:30~17:00頃に設けられているホームワーククラブを利用してみて下さい!お菓子とコーヒーとともに、2名のスタッフになんでも好きな質問ができます!

    この学校の詳細はここからチェック!

    newzea ニュージーランド

    オークランド中心地に位置する、ニュージーランド屈指の伝統ある語学学校!

    2019年5月13日 Languages International Auckland / Brettさん(Marketing&Operations Director)

    Languages International は、シティ中心部に位置し、趣のある校舎で公園も隣にあります。この校舎のデザインが気に入って入学する学生も多いです!道路を挟んで向かいには有名なオークランド大学のキャンパスもあるので現地の大学生の様子も感じられるでしょう。勉強熱心な学生が多く集まってくるので、校舎内のランゲージセンターはいつも学生でいっぱいです。ニュージーランド政府機関であるNZQAから最高ランクの認定を受けており、国内の教育関係者の間でこの学校を知らない人はいないほどです!

     

    Q.「現状学生の国籍割合はどのようになっていますか?」

    年間を通してみると日本人の割合は15%となります。(春・夏休みはこれより上がる可能性もあります)あとは中国・スイスが10%ですね。注目すべきはコロンビアの学生が着実に増えている事です。普段日本にいるとなかなか出会えない国の留学生とも交流できるチャンスです!

     

    Q. 「施設や学校周辺について教えてください!」

    校舎は全部で3つ、横並びに並んでいます。ラウンジには友達とレッスン前や終わりにくつろげるスペースがあり、そこで違うクラスの子と友達になったりできる交流の場としても機能していますね。電子レンジもあるので、お昼を持参している学生も多いです。ランゲージセンターにはパソコンが完備されており、印刷もできますし、学校で貸し出ししているDVDを見ながら勉強している学生も多く見かけます。オークランドのシティまで徒歩で3分程度なので友達と買い物や食べ歩きも放課後楽しめます!10分ほど歩けばハーバーも行けますよ。ニュージーランドはカフェ文化も盛んなので、お気に入りのカフェを是非探してみてくださいね!

     

     

     

     

     

     

     

    Q. 「コース・スタッフについて」

    Languages International は、テスト対策に関しての評価も高く、特にケンブリッジ検定やIELTS対策講座が人気です。そのためGeneral Englishのコースを取る学生の意識も高いのが特徴ですね。経験豊かな教師が楽しくリラックスした雰囲気を作ってくれるので、恥ずかしがっていた学生も英語で積極的に発言できます。学校スタッフも授業に関する事だけでなく生活に関する面も含めて皆さんの一生の思い出になるよう親身にサポートします!

    この学校の詳細はここからチェック!