一般財団法人JSAF GLOBAL LANGUAGE EDUCATION ACEJ

  • Top
  • 春休み・夏休みプログラム
  • 2018年春休み語学研修Weekly Report/オーストラリア・ケアンズ
  • 2018年春休み語学研修Weekly Report/オーストラリア・ケアンズ

    あつや君(長岡技術科学大学・工学部/環境社会基盤工学課程/3年生  男性)

    /  YouStudy International College Cairns

    AUS_kaplan cairns_minagawa2

     

     

     

     

     

     

     

     

    留学期間:2018年1月22日~2月3日(2週間)

    第1週目(1/22)

    第2週目(1/29)

     

    ①    今回、留学しようと思ったきっかけ

    元々留学してみたかった。また、十分な時間があったから。

     

    ②    YouStudy International College Cairns(オーストラリア)に留学しようと決めた理由

    ここにした理由は、ケアンズの気候とシティの雰囲気に魅力を感じたこと。また、初の留学に適していると思ったから。

     

    ③    留学前と留学後で変わったこと、気づいたこと

    元々人見知りではなかったが、初対面の人に対して距離を置いていた部分があった。留学中は自分から積極的を意識しなければ、コミュニケーションが取れなかったということもあり、帰りの飛行機などでは、初対面の外国人に話しかけられるようになった。

     

    ④    これから留学を控えている学生に向けて一言

    留学したいという思いがあったら、するべきだと思います。最初だけ少し勇気を出せば、正直なんとかやっていけると思います。しかし、自分からアクションを起こしていく姿勢は大切にしなければなりません。また、様々な考え方や文化を知る事は、行動を起こした人だけの特権となります。英語を学ぶことだけでなく、思考力や行動力、精神力など、あらゆる力を成長させるチャンスになると思うので、是非一度海外に行ってみてください。

     

    第1週目(2018年1月22日)

    ◇体調はいかがですか?

    体調は良好です。機内食が出なくて初日の朝お腹が空きましたが、ホストマザーが朝食を用意してくれました。

    ◇到着後はホストファミリーとどのように過ごしましたか?(食事や就寝前など)

    基本的にリビングで一緒にテレビを見たり、赤ちゃんのイライジャと遊んでいます。自分の部屋にはなるべく戻らず家族との時間を過ごしています。最初の土曜日はホストマザーに買い物に連れて行ってもらいました。日曜日は一人でケアンズシティに行って買い物したりしました。学校へはバスを利用しようと思いますが、明日レンタルサイクルについて聞こうと思います。あと、パプアニューギニアから新しい留学生が来ています。食事は美味しいです。初日はカレーを頂きました。肉、魚、野菜いろんなものを食べることができています。

    AUS_kaplan cairns_minagawa4

    ◇初日の印象について

    ケアンズは今ウェットシーズンで湿度が高く暑いです。海にも行き、ペリカンを見ました。学校のスタッフは親切でとても良い印象です。分からないことを遠慮せず聞けそうです。

     

    第2週目(2018年1月29日)

    ◇最終週の目標

    最終週はクラスメイトともっと仲良くなりたいです。積極的に会話できればと思います。

    ◇クラスについて

    クラスは韓国人の生徒が多いです。今日の課題はインフォーマルなEメールを書くものでした。日常で海外の人とメールを交わす際に必要なツールなので、勉強になりました。

    AUS_kaplan cairns_minagawa6

    ◇ホストファミリーとの生活

    今日はそうめんを作ってホストファミリーと食べました。今は娘夫婦の引越しやご親族のご不幸などで、家にはホストマザーと息子さんとパプアニューギニアからの留学生と4人と多くの時間を過ごしています。パプアニューギニアからの留学生はダニエルくんといい、17歳の高校生です。とても仲良くなりました。また、肉じゃがも作りました。我ながら上手くできて、ホストファミリーも喜んでくれたので、良かったです。

    AUS_kaplan cairns_minagawa1

     

     

    短期語学研修体験談ページ一覧に戻る

    このページのTOPに戻る

    ACEJサイトTOPに戻る